HOME | products | pure::variants | pure::variants 各種資料と動画デモ

Microsoft Office ドキュメントのバリアント管理

バリアントごとにドキュメントを手作業で編集することは多くの工数が必要であり、また間違いの原因にもなります。pure::variants では、マスタードキュメントからバリアントごとのドキュメントを自動的に生成することができます。 この資料ではサンプルプロジェクトを用いて、バリアント管理されるExcel ドキュメントの利用方法を紹介します。基本的なコンセプトはバリアント管理する対象に共通であり、容易に利用できるExcel を用いて、プロダクトライン開発のバリアント管理のイメージを理解いただくことを目的にしています。
 

 新たにバリアント管理プロジェクトを一から作る方法(3章)を追加公開しました。

 

 

ソースコード、フラグのバリアント管理

この資料では、ソースコードやフラグのバリアント管理をする方法を紹介します。

バリアントごとのテキストを生成

このチュートリアルでは、pure::variants でバリアントごとにドキュメントを生成する方法を紹介します。ここでのドキュメントは、英語や日本語など言語によらずにテキストやXML などあらゆるフォーマットのものであり、仕様書やソースコード、make 用のファイルなどが想定されます。 最新版(ver5)に合わせて更新して内容を強化しました。

バリアント管理能力を比較

ソフトウエアプロダクトライン開発のバリアント管理には、専用に開発されたツールが必要です。
その理由を pure::variants と Excel の比較、各種開発支援ツールとの比較表 にてご紹介します。

CSV インポーター機能

例えばCSV ファイルでフィーチャを管理している場合、CSV インポーター機能を使えば、pure::variants のフィーチャーモデルとしてインポートできるので、既存の管理環境から容易に移行させることができます。

pure::variants API JavaScript

pure::variantsにはAPIによるJavaScriptインターフェースが提供されていますので、外部に定義した一連のフィーチャーをpure::variantsのフィーチャーモデル(*.xfm)としてインポートすることや、バリアント定義モデル(*.vdm)上の選択内容を変更することができます。
この資料ではバリアント定義モデルの設定を、外部のファイルに定義したフィーチャーの選択情報や属性値で変更する例を通じて、pure::variantsのAPIによるJavaScriptインターフェースについて紹介します。
 

PLEのバージョン管理

Eclipseのプラグインツールである pure::variants は、Eclipse のチームプロバイダーインターフェイスに対応する、あらゆるバージョン管理システムをサポートします。そして資産のスーパーセットとバリアントの双方に並行して行われる変更は、比較やマージ機能を用いて支援されます。以下のGitHubを例にした動画では、プロダクトライン開発における構成管理のワークフロー、およびフィーチャーモデルの変更作業を紹介します。これら動画の基になった Webセミナー(英語) もご参考ください。

GitHubを例にワークフローを紹介

GitHub統合デモ:新しいフィーチャーを追加

バリアントの比較・マージ機能

複数のVDM(バリアント・ディスクリプション・モデル)を比較させて、それら製品バリアントが持つ同じ、もしくは異なるフィーチャーの抽出や、それらをマージする機能について紹介します。 

動画デモ

フィーチャーモデルと
バリアントモデル

フィーチャーモデルから、新しいバリアントを構成する過程で、フィーチャー間の制約やルールで効率良く、間違いの無い構成が行えることを紹介します。

バリアントモデルの
クローン、継承

既存のバリアントモデルをクローン、継承する方法を紹介します。

フィーチャー間の制約

フィーチャー間の制約設定Relation、Constraint、Restriction)について、紹介します。

変更の影響分析 

バリアント管理時の様々な変更に対する影響分析機能について、3つの例を紹介します。
 
 例1:フィーチャー名が変更された
 例2:バリアントのフィーチャー選択内容が変更された
 例3:要件が追加・変更された

Partial Configuration

スーパーセットとなるプロダクトライン(150%)から、サブプロダクトライン(120%)を部分派生させて、そこから個々のバリアントを生成させます。サプライヤーが異なるOEM向けに、あるいはOEMが車のタイプ別にサブプロダクトラインを部分派生させる、といった用途があります。

Enterprise Architect

全ての資産のスーパーセット(150%モデル)上でバリアントに選択される状態をプレビューさせること、バリアント固有のモデルを生成させることを紹介します。
 
pure::variants connector for Enterprise Architect について

Mathworks Simulink®

バリアントを指定する特別なブロックをモデル上に追加することで、バリエーションポイントを定義します。そして、それらバリエーションと構成情報を管理し、各種バリアントを自動生成することができるようになります。
 
pure::variants connector for Simulink について

 

pure-systems社

事例

Airbus社

DOORS NG, Rhapsody モデルのバリアント管理に
pure::variants を活用
 

Daimler社

ダイムラー社では、Simulink(R) モデリング時に、pure::variants を用いて体系的なバリアントとバライアビリティの管理を実施し、Mercedes-Benz(R)シリーズの開発に適応しています。この事例紹介が (独)Elektronik Automotive 誌と、Mathworks Automotive Conference(独 Stuttgart 6月)で発表されました。

pure::variants connector for Simulink について

Danfoss社

  Danfoss Drives 社は、IBM Denmark からSoftware Innovation Prize 2008 を受賞しました。ソフトウエア・プロダクトライン開発による、マニュアルプロセスの削減、製品開発の自動化などの革新的な取り組みに対してです。
 
pure-systems 社は、Danfoss Drives 社のパートナーとしてプロダクトラインへの取り組みと開発を、支援してきました。プロダクトラインのアーキテクチャ設計、実装とツールの統合作業、定期的なチームレビューと軌道に乗せるためのコーチングなどを介して。Danfoss Drives 社は、pure::variants を用い、プロダクトライン・ライフサイクルの全フェーズの管理、自動化を支援しています。
Danfoss Drives 社は、製品であるVLT 周波数コンバータに対するソフトウエア開発に対する考えとアプローチを変革し、多くのエラーの基が除外された、標準ソフトウエアプラットフォームから製品を組み立てられるようになりました。規格統一化されたソフトウエア開発手法により、Danfoss Drives 社では多くのマニュアルプロセスを削減し、大いなる簡素化を達成しました。Danfoss Drives 社の革新的な考えに対する取り組みは、ソフトウエア生産プロセス、構成管理、バージョン管理を自動化し、ソフトウエアのライフサイクルに渡ってプロダクトラインの全体的な管理に用いられています。