pure-systems 社の pure::variants は、プロダクトライン開発の中核的作業であるバリアント管理を支援するツールです。その特徴である holistic variant management により、高度に進化する各種ツールからなる複雑なプロセス全体を最適化します。自動化できるものを自動化し、不要な複雑さを回避し、全ての利害関係者が創造的な作業に集中できるようにします。

 
 
 

pure::variants バリアント管理支援ツール

pure::variants は、プロダクトライン開発のバリアント管理を製品開発ライフサイクルにわたって支援します。
製品系列内の各フィーチャーとその依存関係は、フィーチャーモデルに取り込まれます。次に、これらフィーチャーを要件、テストケース、アーキテクチャ、コードなどバリエーションポイントを持たせたエンジニアリング資産のスーパーセットにマッピングします。そしてバリアントのフィーチャー構成に基づいて、資産のスーパーセットを操作することで、構造的かつパラメトリックなバリエーションを自動的に解決し、バリアント固有の資産を生成します。
その結果、高品質基準を維持しながら再利用率を高めることで、新しいバリアントの市場投入までの時間を短縮します。永続的でスケーラブルなバリアント管理は、時間の経過とともに構成知識を失うことを回避するのに役立ち、すべての利害関係者が製品ポートフォリオ全体の概要を維持し、データに基づいた決定を下せるようにします。アドホックな再利用による冗長な開発やエラーの発生を回避してメンテナンスの労力が軽減され、開発プロセス全体が最適化されます。
pure::variants は、高度に進化する各種ツールからなる複雑なプロセス全体を最適化する、ただ一つのバリアント管理支援ツールとして、多くの企業に実践採用されています。
 

複雑なシステムを体系的に管理

pure::variants では、複数のフィーチャモデルを階層にわたって管理することができます。これによりフィーチャの組合せや組み換えを容易に実現できるだけでなく、これら一部をそのまま新しい製品開発に再利用できるようになります。
 

バリアントのモデル化・形式手法で選択の妥当性を評価

フィーチャツリーから機能を選択してバリアントの構成をモデル化すると、その妥当性はフィーチャやコンポーネント間の制約、依存・排他関係から評価され、機能間の衝突は自動的に解決されて、正しく機能を選択できるようになります。
 

バリアントのモデルから各種成果物を自動生成

 pure::variants はオープンインターフェイスを提供し、あらゆる開発ツールにバリアント管理機能を増強します。そして各フィーチャにマップされて管理される資産から、バリアントごとの要求仕様書、UMLやSimulinkなどのモデル、テスト仕様書、ソースコード、makeファイルや、各種ドキュメントが自動生成されます。

 


 


■無償評価版のご案内

無償評価版は、以下 pure-systems 社サイトに登録を頂くことでダウンロードができるようになっています。各種ツール用のコネクタが必要な場合は、弊社にまでご依頼ください。

 

pure::variants は、フローティングライセンス・年間保守費付きです。
モデルをサーバ管理してマルチユーザでアクセスできます。価格等の詳しい情報は、お問い合わせください。
 

■pure::variants の評価ガイド

一般的な基準でpure::variants の機能を評価するチェックリストを公開しています。


お問い合わせ

購入前の製品説明・資料請求・見積依頼・デモ依頼など

 メールでお問い合わせください 
 

購入後の製品の技術サポートに関するお問い合わせ

 技術的なお問い合わせは、ヘルプデスクまでメールでお問い合わせください