HOME | products | LDRA | MISRA C/C++ セミナー 2019


 
  

  
MISRA C/C++の
最新情報と実践的使用法

 

MISRA C++ 委員会チェアマン来日講演

  

 MISRA C++ 委員会のチェアマンである Chris Tapp 氏の来日に合わせて、 MISRA C/C++ のセミナーを開催します。
 

「MISRA C/C++の最新情報と実践的使用法」

 MISRA C/C++ 委員会からの最新情報を、 レガシーコードやサードパーティにより提供されるソースコードに対する実用的な取り組み方法、ルールからの逸脱の対処とスタンダードへの準拠の証明、セキュリティ対策との関係など、 実運用面の話題を絡めて紹介します。
 また先進の車載ソフトウェア開発ではPOSIX OSやAUTOSAR Adaptive Platformが採用され、C から C++ 言語への移行も急務となっていることを踏まえて、AUTOSAR C++ との統合を含めた MISRA C++ 委員会の活動と MISRA C++ の改訂、公開の計画や流用されたコードの扱いに関して検討されているアイデアも紹介します。
 
 ご多忙中とは存じますが、是非ご参加を賜りたく、下記の通りご案内申し上げます。

◇2019年11月15日(金) 午後1時30分~4時30分 予定
◇会場:秋葉原コンベンションホール 5F 会場 5B
◇参加費無料(事前登録制)
 
■お申し込み方法: 下記の内容をご記入の上、LinkIconE-mail にてお申し込みください。
 
  「お名前、会社名、部署名、住所、電話、E-mailアドレス」

  13:15~
  受付
 
 
  13:30~
  14:00 

  MISRA C:2012 - Deviation and Compliance
 
 
  14:00~
  16:10

  MISRA Update (途中休憩あり)

 
    ・MISRA C++ の活動状況
 ・AUTOSAR C++との関係(統合作業)
 ・今後の計画について
 ・MISRA Cの状況
 ・MISRA Complianceについて新しい考え(コンプライアンスと流用コード)
 
  16:10~
  16:30
  質疑応答/ クロージング  

■講師紹介
 
* Chris Tapp 氏:MISRA C++ 委員会のチェアマン、
 およびMISRA C委員会メンバー。 また CERT C にも貢献。
 
 Chris Tapp is a Field Applications Engineer at LDRA with more than 20 years experience of embedded software development. He graduated from the University of Durham in 1987 and has spent most of his career working within the automotive, industrial control and information technology industries, mainly as a self-employed consultant. He has been involved with MISRA since 2001 and is currently chairman of the MISRA C++ working group and an active member of the MISRA C working group. He has been with LDRA since 2007, where he specialises in programming standards.
*  十山 圭介 (富士設備工業(株) 電子機器事業部 技術部長)

 
 京都大学大学院情報工学専攻修士課程修了。コペンハーゲン大学客員研究員。東京工業大学大学院総合理工学研究科博士後期課程単位取得退学。(株)日立製作所中央研究所等にて30年以上最適化コンパイラ,Javaシステム,システムLSI向けソフトウェア,マルチコアシステムの研究開発等に従事した後、(独)情報処理推進機構ソフトウェア高信頼化センターにてC、C++コーディング規約ガイドや障害原因診断に関する調査と普及に従事。2018年より富士設備工業(株)電子機器事業部に所属。博士(工学)