What does T-VEC stand for?

提供: T-VEC Wiki
移動: 案内検索

T-VEC は、Test VECtor の略です。

最初のT-VECツールは、1988年に作られ、T-VECによって生成される、入力値とそれに対応する期待出力値の組合せを表すために、test vector を用いました(VGS はT-VECツールのコンポーネント)。 テストベクタは、テストされるシステム境界の、入力域のポイントから出力域のポイントに至るラインを成します。 デジタルハードウェアの世界では、“テストベクタ”とは、デジタル回路への1次元の配列の入力値がテストされる、ということ。そして線形代数において、1次元の配列をベクタと呼びます。 T-VECのコンセプトは、(入出力間のような)一定方向を持った2つのポイント間をつなぐラインの、静的な断片としてのベクタからきています。ソフトウェアテストの世界で、“テストベクタ”という用語を最初に用いました。そして、テスト入力だけのテストケースとテストベクタを区別するために使用されました。なぜなら、T-VECは、入力値だけでなくモデル情報から期待出力値も生成するからです。

偶然にも最初に、T-VECがFAA認証のために使用されていた頃、DO-178Bの完成が進行中で、DO-178AのホワイトボックスベーステストからDO-178Bの要件ベーステストへの、動きがありました。 委員会のメンバは、T-VECをよく知っており、用語“テストベクタ”を採用し、産業界でもこの言葉は認識されるようになってきています。