Requirement Management

提供: T-VEC Wiki
移動: 案内検索

T-VEC Tabular Modeler(TTM)は、要件管理のための機能を提供しますが、テレロジック社のDOOR's要件管理ツールとも、統合します。要件管理の詳細は、http://en.wikipedia.org/wiki/Requirements_management を参照下さい。

TTM 要件管理

TTMは、階層的に分解することで、要件を管理します。そこで、各要件は以下のように構成されます:

  • Requirement ID - 要件IDは、文字[a-z,A-Z,0-9,_,.]を含む一意の文字列で、アルファベットから始まる必要があります。
  • Heading - 要件の簡単な説明
  • Description - 要件をさらに説明する単一行からなるテキスト
  • Text - 追加の本文

階層分解された要件は、モデルビューを介して管理されます。要件は、“子の要件”を作成することで分解され、モデルビュー内で親の配下に表示されます。要件の追加と削除は、TTMモデリング作業と同様です。“子の要件”は、既存の要件が選択されている時に、要件を追加することで作成されます。

要件リンク

要件は、Types、Constants、Inputsにリンクされます。これら要件の関連性は、VGSでテスト生成の一部として使用されません。これらモデル要素の要件は、振る舞いのないモデル要素に対して、特定の要件に記載の通り同じ方法で、アサーションや振る舞いのないモデル要素の両方を割り当てます。

要件は、一般的にTerms、Outputs、Mode Machinesの振る舞いと結びつきます。Term、Output、Mode Machine振る舞いテーブルの要件IDの列には、各振る舞いと要件を結びつけるドロップダウンチェックリストを提供します。各テーブル行に指定されている振る舞いをテストするのに生成されたテストベクタは、テーブル行に配置された要件IDを含みます。