Pilot Projects or Workshops

提供: T-VEC Wiki
移動: 案内検索

ツール導入に際して、一般的なプロセスは、ワークショップか小規模のパイロットプロジェクトから始め、その後、長期のパイロットを通して、あつらえのトレーニングを行い、支援します。

多くの組織にとって、プログラムの最初から始める余裕はなくても、リリース後の新しいコンポーネントで始めることは、できるでしょう。 通常のシナリオは以下のようになります。

1) 制御システムエンジニア(モデラー)は、Simulink/Stateflowを使用している。

  • T-VEC Simulink Testerの使い方を学びたい。-ワークショップが最適です。モデラーは、Simulinkの使い方を知っているので、彼ら自身のモデルでSimulink Testerの使い方を学ぶことができます。
  • 多くの場合、これらのエンジニアや、制御システムに関わる人は、要求モデル(TTM)の重要性に気付いています。これは、DO-178B and DO-178C のガイドラインにも上手く適応され、要求モデルがデザイン同様に、必要であることが確認されます。

2) 非制御システム機能での取り組み

  • 一般にエンジニアは、要求仕様モデリングツールの使用経験は無く、様々な例に取り組むことや、要求仕様モデリングのプロセス、実装から派生される要求仕様、プロジェクト組織、要求仕様トレーサビリティなどを理解することが必要。
  • エンジニアは、2,3ヶ月ツールを用います(メールによるコンサルティングサポートなど受けながら)。それから彼らのサンプルを、トレーニングに用いることができるようになります。